HuluとAmazonプライムビデオを17項目で比較してみた

HuluとAmazonプライムビデオを17項目で比較してみた 比較

「料金以外にも細かく知りたい」

「どっちのサービスが自分に合ってるんだろう?」

「HuluとAmazonプライムビデオどちらがいいのか分からない」

 

この記事を読むことで自分がHuluを契約するべきなのか?Amazonプライムビデオを契約するべきなのかが分かります。

 

HuluとAmazonプライムビデオを比較してみた!

まずはこちらの早見表で簡単に確認してみましょう!

Hulu Amazonプライムビデオ
字幕 ×
音質 2.1サラウンド 5.1サラウンド
画質 フルHD 4K UHD
料金 月額1026円(税込) 月額500円/年間4900円(税込)
作品数 60000本以上 50000本以上
決済方法 8種類以上 5種類
無料期間 14日間 30日間
倍速機能 ×
対応端末 7種類以上 7種類以上
新作の配信 映画は遅い 国内ドラマ・海外ドラマ・テレビアニメは遅い
オリジナル作品 50作品 36作品
ランキング機能 ×
作品のレビュー機能 ×
動画のダウンロード
複数端末での同時視聴
キッズコンテンツの充実度
動画以外に利用できるサービス ×

 

【字幕】日本語字幕、英語字幕ができるHuluが優秀

字幕の設定
Hulu
Amazonプライムビデオ ×

Huluでは海外映画や海外ドラマの日本語字幕だけでなく、英語字幕での表示ができます(一部できないものあり)。

しかし、Amazonプライムビデオでは動画ごとに字幕のオン・オフができず、作品ごとに「吹き替え版」と「字幕版」と別れています。検索欄に作品名を入れて検索し、字幕版か吹替版かを探さないといけないので、結構面倒です。

 

【音質】Amazonプライムは5.1サラウンドまで対応

音質
Hulu 2.1サラウンド
Amazonプライムビデオ 5.1サラウンドまで

2.1サラウンドはステレオサウンド、5.1サラウンドは映画館のような音響で動画を楽しめるといった感覚です。

 

【画質】Amazonプライムは最高画質に対応

最高画質
Hulu フルHD(1080p)
Amazonプライムビデオ 4K UHD

Huluは全ての配信作品がフルHDに対応。

一方のAmazonプライムビデオは最高画質「4K UHD」ですが、対応している作品はそんなに多くありません。

調べてみると2021年時点で「4K UHD」対応作品は約600本。意外と少ないことが判明しました。なので、Amazonプライムビデオで配信されている動画の画質はほとんどがフルHD(1080p)。

 

【料金】Amazonプライムが圧倒的に安い

料金 学割料金
Hulu 月額1026円(税込) ×
Amazonプライムビデオ 月額500円/年間4900円(税込) 月額250円/年間2450円(税込)

料金面は圧倒的にAmazonプライムビデオ。年間プランでの申し込みなら月額約410円となり、さらに安くなる。

またAmazonプライム会員には学割がきくのでさらに安くなります。

 

【作品数】無料で見れる作品はHuluが多い

見放題作品数 アプリ内課金(レンタル・購入)
Hulu 60000本以上 なし
Amazonプライムビデオ 10000本以上 40000本以上

作品数はそこまで変わりませんが、見放題作品数はHuluの方が圧倒的に多いですね。Huluでは無料で見れる作品でもAmazonプライムビデオではレンタル・購入しないと見れない作品が結構あります。

Amazonプライムビデオはどのジャンルもまんべんなくそろっている感じですが、Huluは海外映画の作品数があまり充実していません。

huluとAmazonプライムビデオのおすすめアニメ作品はこちらの記事をどうぞ。

 

【決済方法】Huluは8種類以上!銀行口座があれば契約可能

Amazonプライムビデオの決済方法

備考
クレジットカード/デビットカード JCB、VISA、Master Card、American Express、Diners
携帯決済 ドコモ、au
Paidy翌月払い
アマゾンギフト券
パートナーポイントプログラム

Huluの決済方法

備考
クレジットカード/デビットカード JCB、VISA、Master Card、American Express、Diners
携帯決済 ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル
Paypal 銀行口座での支払い可
Huluチケット
iTunes Store 決済
ヤフーウォレット
Amazon アプリ内決済
その他 マイネオ・BB.excite・ケーブルテレビ決済・eoなどのオプションサービスでの支払い

決済手段はHuluの方が圧倒的に充実してますね。

特にPaypal(ペイパル)にまで対応しているのはポイント。Paypalアカウントから銀行口座に紐付けすることで銀行口座からの引き落としにできるので、クレジットカードを持ってない人でも料金が払えます。

 

【無料期間】Huluは14日間 | Amazonプライムは30日間

無料体験期間 無料期間中の解約
Hulu 14日間 料金の支払いなし
Amazonプライムビデオ 30日間 料金の支払いなし

2つの動画配信サービスともに無料期間中は有料会員と同じ条件で全ての動画を見たり、サービスを利用することが可能です。

無料期間中に解約をしても料金の発生はありません。

 

【倍速機能】Huluは5種類の倍速に対応

再生速度
Hulu 0.8倍/1.0倍/1.2倍/1.5倍/1.8倍
Amazonプライムビデオ ×

この倍速機能はかなり重要で忙しくて暇な時間がない人は特に重要視しています。

 

 

 

 

【対応端末】どちらも7種類に対応

Hulu Amazonプライムビデオ
パソコン Windows・Mac Windows・Mac
スマホ iOS・Android  iOS・Android
タブレット iOS・Android  iOS・Android
テレビ 〇(対応モデルのみ) 〇(対応モデルのみ)
ブルーレイ 〇(対応モデルのみ) 〇(対応モデルのみ)
メディアプレーヤー Amazon Fire TV・Chromecast・Air Stick・Apple TVなど Fire TV・Fire TV Stick・Chromecast・Apple TVなど
ゲーム機 PS4 PS3・PS4・Xbox One

HuluもAmazonプライムビデオどちらも海外の動画配信サービスなので、対応端末はとても豊富。

 

【新作の配信】ドラマはHulu | 映画はAmazonプライムがリリースが早い

Hulu Amazonプライムビデオ
国内ドラマ
テレビアニメ
海外ドラマ
海外映画 ×
国内映画 ×

Huluは新作映画の配信が遅いです。新着映画の配信がリリースされたとしても1年前以上に放映された映画などの場合が多いです。

Amazonプライムビデオは新作映画の配信リリースがHuluに比べて早いのですが、レンタル・購入などの課金が必要となっています。

 

【オリジナル作品】作品数はHulu | 過激な作品はAmazonプライム

作品数 特徴
Hulu 50作品(20205月7日時点) 日テレとの共同制作が多い
Amazonプライムビデオ 36作品(20205月7日時点) オリジナルバラエティ番組が多い

Huluは日テレと共同制作したドラマやバラエティ番組が多いためネット番組でも放送コードは守っている印象。

対してAmazonプライムビデオは完全なネット番組と割り切って地上波では放送できないようなコンテンツがたくさんあります。例えば、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』『カリギュラ』など地上波で放送したら炎上するコンテンツが見れます。

 

【ランキング機能】Huluは今日・今週・今月の人気順が分かる

ランキング機能
Hulu
Amazonプライムビデオ ×

Huluには「今日の人気順」「今週の人気順」「今月の人気順」と視聴回数順に並べられているランキング機能があります。

このランキング機能は1位から10位までの作品だけでなく、下にスクロールしていくと50位以下の作品が全てランキング順に並んでいます。

Amazonプライムビデオでは「あなたにおすすめの○○」といった形で動画一覧が表示されますが、ランキング機能はありません。

 

【作品のレビュー機能】Amazonプライムのレビュー機能が便利

レビュー機能
Hulu ×
Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオには作品ごとにレビュー機能があります。評価された数・評価の割合・コメントなどがあり、全て作品を見た人たちの生の声なので、非常に参考になります。

 

【動画のダウンロード】どちらも性能は一緒

Hulu Amazonプライムビデオ
画質 最高画質・高画質・標準画質 最高画質・高画質・標準画質
視聴期間 視聴後48時間  視聴後48時間
保存期間 30日間  30日間
対応端末 スマホ・タブレットのみ スマホ・タブレットのみ
ダウンロードできる作品数 1アカウント25本まで 1アカウント25本まで

どちらも動画のダウンロード機能はついており、性能はどちらも一緒。中には動画をダウンロードできなかったり、ダウンロードが2回までなどの作品もあるので、注意しましょう。

 

【複数端末での同時視聴】Huluは2台まで | Amazonプライムは3台まで

1つのアカウントで利用できる端末の台数 複数端末での同じ動画を視聴
Hulu 無制限 2台まで
Amazonプライムビデオ 無制限 3台まで

どちらのサービスも1つのアカウントがあればスマホ・タブレット・パソコンなどの端末に無制限に登録することができます。もちろん、家族でアカウントの共有もOK。

 

実際にやって複数端末の同時視聴をやってみたところ2台目までは視聴可能。3台目の視聴をしたら以下のメッセージが画面に表示されました。

【キッズコンテンツの充実度】Huluはかなり充実

キッズコンテンツの充実度
Hulu
Amazonプライムビデオ

Huluでは子供専用チャンネル「hulu kids」があります。

血が出るような作品や暴力的な作品は表示されていないため子供が見ても大丈夫なコンテンツとなっております。最初からひらがなやカタカナで文字表記がされており、子供たちのユーザビリティが考えられています。

 

ただし、huluではワンピース・ドラえもんの配信はありませんでした。

 

Amazonプライムビデオにも子供向けの番組はたくさんあるのですが、Huluみたいに子供専用のチャンネルなどはありません。

「キッズ・ファミリー」などのカテゴリーとしてあるだけで、子供に配慮したUIにはなっていないようです。

 

【動画以外に利用できるサービス】Amazonプライムは特典が盛りだくさん

動画以外の利用できるサービス
Hulu ×
Amazonプライムビデオ 配送料無料・音楽聞き放題・電子書籍読み放題・ラジオ聞き放題・プライムデーに参加できる・プライムナウなど

Amazonプライム会員になるとAmazonの配送料が無料になったり、音楽が聴き放題、毎年7月に開催される特大セールイベント「プライムデー」に参加出来たりとたった月額500円でここまでのサービスを受けられる動画配信サービスはありません。

 

HuluとAmazonプライムビデオを比較してみた結果

Huluがおすすめな人

  • 毎日忙しくて暇がない
  • 子供と一緒に動画を見る
  • YouTubeをいつも倍速で見てる
  • 毎週アニメ、ドラマや映画を見る
  • 契約したら後から課金したくない

 

Amazonプライムビデオがおすすめな人

  • 倍速機能がなくても大丈夫
  • アニメ、ドラマや映画は月に数本見る程度
  • 動画以外の音楽・配達・電子書籍サービスなども使いたい

17項目で比較した結果、以上のことが分かりました。

 

どちらがいいのか分からない場合は2つとも使いましょう!今なら無料体験もできますしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました